Bookstack/topics : クリプトノミコン

ニール・スティーヴンスン/ハヤカワ文庫SF

クリプトノミコン〈1〉チューリングハヤカワ文庫SF: 本クリプトノミコン〈1〉チューリングハヤカワ文庫SF: 本(amazon.co.jpへ)
クリプトノミコン〈2〉エニグマハヤカワ文庫SF: 本クリプトノミコン〈2〉エニグマハヤカワ文庫SF: 本(amazon.co.jpへ)
クリプトノミコン〈3〉アレトゥサハヤカワ文庫SF: 本クリプトノミコン〈3〉アレトゥサハヤカワ文庫SF: 本(amazon.co.jpへ)
クリプトノミコン〈4〉データヘブンハヤカワ文庫SF: 本クリプトノミコン〈4〉データヘブンハヤカワ文庫SF: 本(amazon.co.jpへ)

1〜3巻にかけての、エピソードのかけらだけが次から次へと提示され、構成がじわじわと浮かび上がる過程は秀逸。

ただし、構成力の弱さはどうしても気になる。特に本書の場合、途中で死んじゃったはずの人物がなんの断りもなく 再登場しているのだから(なんか説明あるかと思ったけど見当たらないし)。

→コレ、いちおう説明ありました。ものすごく微妙な書き方だけど。

ブルース・シュナイアー『暗号の秘密とウソ』も併せて読んだほうがいい。

Last modified:2013/04/22 11:48:24
Keyword(s):
References:[パーフェクト・プラン]