ベーゼ・モア


「ベーゼ・モア」DVD購入(うわ、18禁だ)。原作はヴィルジニ・デパント『バカなヤツらは皆殺し』。

 原作でのジェイムズ・エルロイを引き合いに出していた会話が、映画ではサム・ペキンパーリスペクトな映像におきかえられていた。
メディアに合わせた応用というべきか。原作だと、「ポルノ小説しか読まない」というDQN娘がいきなりエルロイに言及する不自然さがあったのだけど、映画版だとごく自然に処理されている(自然というのもなんだけど)。

カテゴリー: 映画 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>