スノウブラインド


スノウブラインド 倉野憲比古 / 文藝春秋

不吉な伝説に彩られた洋館・蝙蝠館。館の主、ホーエンハイム教授に招かれた学生たちが集まった夜、惨劇の幕が上がる……。

というわけで、吹雪に閉ざされた洋館での連続殺人、である。
2008年の新刊で、ここまで「いかにも」な状況設定。これで正攻法の謎解きが繰り広げられたりしたら、かえって失望する。いかに無茶な方向に持っていくか。どんな反則をしてくれるのか、と期待してしまう。

で、そういう期待には応えてくれる作品である。あまりに無茶なのでちょっと嬉しくなってしまった。

著者の考えは、登場人物たちの探偵小説談議からもうかがえる。

人間の手によって産み出された探偵小説も、ひとつの芸術的有機体としての生命を持つならば、謎から解決へと直線的に進むのではなく、さっきも言ったように、謎また謎へと円環しなければならない。

推理小説って、大抵合理的な解決がついちゃうでしょ? あれがどうもダメ。合理、合理で押し切られるから、なんだか後に残らないっていうか

そのせいか、この物語も微妙にひっかかる点を残したまま終わってしまう(私が何か見落としているのでなければ)。
ただ、単に解決せずに宙吊りにするのは「謎また謎へと円環」とは違うので、そのあたりがやや不満。

カテゴリー: ミステリ パーマリンク

スノウブラインド への3件のフィードバック

  1. 夏来 のコメント:

    へええ、それは早速入手せねば。

  2. mtd1og のコメント:

    スノウブラインドを読んだ。

  3. 古山裕樹 のコメント:

    へんなもの好きな方にはおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>