2009-07-18


 数年前から、ScanSnapというドキュメントスキャナを使っている。先日、最新機種に買い換えた。スキャン速度がかなり上がっていて、大量にスキャンする身としてはかなり便利。
 何をスキャンするのかというと、部屋に溜まった本や雑誌だ。空間のコストもバカにならないので、PCに取り込んで紙は処分している。十数年分のミステリマガジンも全部スキャンしてしまったので、今ではDVDーR2枚くらいに収まっている。『レインボーズ・エンド』に描かれた、本を裁断してスキャンする計画にたいして違和感を持たなかったのも、そんなものを使っているせいかもしれない。
 最近は雑誌だけでなく本もスキャンしている。ハードカバーは無理かと思っていたが、やってみたら意外と簡単だった。物理的には特に難しい行為ではなく、表紙と背表紙と裏表紙をはがして、あとは綴じられた部分をディスクカッターで切り落とすだけ。
 むしろ、精神的な抵抗の方が大きかった。法月綸太郎「切り裂き魔」から野村美月『”文学少女”と繋がれた愚者』に至るまで、本を切り裂くという行為はよからぬこととして描かれる場合が多い。そのせいか、初めてポケミスをばらしたときは、ノワールの主人公が初めて人を殺すときのような不穏な魂の震えに襲われた。『バカなヤツらは皆殺し』は名作だと改めて思った。
カテゴリー: 日常 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>