スパイ小説」カテゴリーアーカイブ

流れよわが音楽、とスパイは言った

ジョン・ル・カレのスマイリー三部作。英国情報部のスマイリーと、ソ連のカーラとの対決をしめくくる第三部『スマイリーと仲間たち』では、スマイリーがかつて妻に贈ったライターが、物語の演出として印象深く使われている。 フィクショ … 続きを読む

カテゴリー: スパイ小説, 小説 | コメントする

マイクル・ワイマンの逆襲

マイクル・ワイマンの逆襲 / ボブ・クック / 米山菖子訳 / サンケイ文庫  56歳のワイマンはMI6の職員だが、公式には大学の研究員。しかし政府の支出削減のせいで、両方の職を失うことに。折しも、イギリスに情報を提供し … 続きを読む

カテゴリー: スパイ小説 | コメントする

ジョン・ル・カレ新作

 またまただいぶ間が空いてしまった。  8月、9月のあたりにジョン・ル・カレのことに言及しているのだが、実はそのル・カレの新刊の解説を書いていた。下準備の一環として旧作を読み返していたところ、ついつい引きずり込まれてしま … 続きを読む

カテゴリー: スパイ小説 | 1件のコメント

死者にかかってきた電話

死者にかかってきた電話 / ジョン・ル・カレ / 宇野利泰訳 / ハヤカワ文庫NV  わけあってル・カレの作品をいくつか読み返している。  かつて共産党に所属していた──外務省の官僚フェナンの過去を暴露する匿名の密告。諜 … 続きを読む

カテゴリー: スパイ小説 | コメントする