アウトローの世界史


ASIN:4140018747南塚信吾 / NHKブックス

 5年ほど前(1999.12)に刊行された本。「国家から盗って、何が悪い!」という帯の文句が目を引く。

 この本で取り上げられるのは、アウトローの中でも特に義賊。資本主義システムによる近代化に抗う存在としての「義賊」に光を当てて、義賊の側から世界史を読み直そうという試みだ。

 ブルガリアのハイドゥクと呼ばれた人々をはじめとする東欧の義賊たち、ジェシー・ジェイムズやビリー・ザ・キッドといったアメリカのアウトローたち、そしてオーストラリアのネッド・ケリー(ちなみにオーストラリア推理作家協会賞が「ネッド・ケリー賞」だったりする)、ロシアやラテンアメリカの義賊たち。さらには日本の鼠小僧などにも言及している。

 それぞれ「点」として存在しているように見える義賊を、「システム化への抵抗」として結びつけてゆくというスケールの広がりが面白い。

 船戸与一の『夜のオデッセイア』に、ウィスキー・ジョーという陽気なプロレスラーが登場するのを思い出した。ブルガリアのハイドゥク(文中での表記は「ハイダック」)の子孫──そう、この本が取り上げるアウトローの血を引く男だ(彼がどんな人物かは、サントリーの「ウィスキーとミステリーの世界」を見るのがいいだろう)。
 船戸与一を思い浮かべるのは自然な流れだろう。船戸の描く人々もまた、システムに対する抵抗者であることが多い。彼の紡ぐ「叛史」と、本書の著者の視点は、かなり近いところにあるのだ。

世界史を国王や首相を登場させないで描くこと、政党や政治家の名前を出さないで書くこと、大企業やそのグループの活動としてではなく描くこと、ナショナル・ヒストリーの集まりではなく描くこと、そういうことができればいいなと考えて、もう二〇年近くになる。(「あとがき」より)

カテゴリー: 歴史 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>