レインボーズ・エンド


ASIN:4488705057ASIN:4488705065 ヴァーナー・ヴィンジ / 赤尾秀子訳 / 創元SF文庫

 読んだのはしばらく前のことではありますが。

 2030年代。サッカーの試合に流れたCMは、実は人間をマインドコントロールするための秘密兵器だった……なんて謀略から始まって、「ウサギ」と呼ばれる正体不明のハッカーが日欧印の情報機関と接触し……という展開に、すっかり近未来エスピオナージュを期待してしまったのだが、読んでみたら全然違った。

 物語の中心にいるのは、画期的治療法によってアルツハイマー病から回復した75歳の詩人。いわば過去からやってきた人物である。そんな男が、再び社会に馴染むための教育を通じて、ネットとユビキタス・コンピューティングが激しく発達したびっくり新世界に触れていく様子が語られる。かつての気難しい偏屈爺が徐々に変わっていくというおまけつき。

 作中、大学図書館の蔵書を裁断してスキャンするというリブラレオーメ計画なるものに対して、激しい反対運動が巻き起こる。しかし、なんでもデジタル化するのが当たり前というご時世で、そんなに反対運動が盛り上がるものだろうか、と疑問に思った。

裁断が反発を招くのなら、こんなのを使えばいいのに……

もっと小さくて場所をとらないものなら、私も1台ほしい。

カテゴリー: SF パーマリンク

レインボーズ・エンド への1件のフィードバック

  1. Bookstack のコメント:

    2009-07-18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>