このミステリーがすごい!2005年版


ASIN:4796644067 宝島社

ざっとアンケート回答を眺めたところ。(2004/12/07現在)

ちなみに私が選んだのはこんな作品。

国内
1.『裸者と裸者』打海文三
2.『Q&A』恩田陸
3.『紅楼夢の殺人』芦辺拓
4.『サウダージ』垣根涼介
5.『天才パイレーツ』戸梶圭太
6.『モンスターズ1970』井上雅彦・菊地秀行・田中啓文・友成純一

海外
1.『マンハッタン狩猟クラブ』 ジョン・ソール
2.『地獄の世紀』サイモン・クラーク
3.『奇術師』クリストファー・プリースト
4.『形見函と王妃の時計』アレン・カーズワイル
5.『荊の城』サラ・ウォーターズ
6.『迷宮の暗殺者』デイヴィッド・アンブローズ

『地獄の世紀』を挙げた人が、私のほかには集計外の内藤陳さんだけ、というのがちと寂しい。

学生のころ、所属していた大学サークル枠で海外作品のベスト6を選んだことがある。ちょうどマイケル・スレイドの『グール』が出た年で、私は嬉々としてこいつを上位にぶち込んだ。しかし悲しいことに、その年の「このミス」で、他に『グール』を選んだ人は誰もいなかった。唯一『グール』に言及していたのはバカミスのページだけ。

10年以上前のあの寂しさを、また思い出してしまった。冬の夜は長く寒い……

カテゴリー: 読書 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>