未分類」カテゴリーアーカイブ

読む環境・書く環境

最近の約1~2年で、自分にとって大きく変わってしまったのが、本を読むための環境と、文章を書くための環境だ。 ■読む環境 以前書いたとおり、かなりの部分をKindleに移行してしまった。とはいえKindle向けの日本語書籍 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

生存報告

長いこと放置していたけれど、こんな事態なのでひとまず状況報告を。 なにごともなく無事です。 自宅の本棚が倒れることもなかった。本棚の上に載せてたものは床に落ちていたけれど、もともと散らかっているので雰囲気は大して変わらな … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Kindleなど

また一年近く放置してしまった。 特に身の回りで大きな変化もなかったのだが、ひとつだけ劇的に変わったのが読書の環境である。 最近は月に二冊くらいしか本を読んでいない。……紙の形態では。 こうなったのは、昨年の暮れにKind … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

またまた空白が

毎度のことだけど、また数ヶ月間が開いてしまった。 特に業務がきわめて繁忙とか体調を崩したということもなく、どうにか生きております。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

埼玉県に騎馬警察を!

『このミス大賞』の一次選考結果が公開された。 http://konomys.jp/ そちらに書いたとおりなので、特に付け加えることはないのだが…… 『災厄の季節』はマイケル・スレイドみたいな話で、そのため私の評価が甘くな … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ハヤカワ文庫トールサイズ

 amazonでクリス・ライアンの本のデータを眺めていてふと気になったのだが、トールサイズって「新書」なのか?  なお、カスタマーレビューでは好評で何よりです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2009-07-19

皆既日食に関するニュースを見るたびに、なぜかチェスタトンを思い出すのだが、たぶん: 日食 → 観察 → 太陽を直接見てはいけません → 「アポロの眼」 という連想が働いているのだと思う。 最近、なぜかチェスタトンが脳内に … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

這いよれ! ニャル子さん

逢空万太 / GA文庫 ジャンルの退嬰的な混血がもたらした、忌まわしい冒涜の書。 ニャルラトホテプが漫画とDVDを買い漁る。 ニャルラトホテプが弁当を作ってくれる。 ニャルラトホテプが押し倒されて服を…… そんなわけでク … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

粘膜人間はペントハウスの夢を見るか?

昨年の暮れぐらいから、周囲で『粘膜人間』に取り憑かれてしまった人々が増えている。 この本に言語感覚を冒された某氏から届いたメールでは、主立った名詞がほとんど「粘膜」という語に置き換わっていて、なんというかガブラーにガビッ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

歯と爪

ビル S.バリンジャー (著), 大久保 康雄 (翻訳) しばらく前から気になっていることがある。 東京創元社は、未開封の『歯と爪』に対する返金を今でも受け付けているのだろうか? 実際、今までどのくらい返金請求があったの … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする