Bookstack/log

現在は更新していません。→最新のページをごらんください。

«前月 最新 翌月» 近況やメモなど。 | topics

<< 2006/01/ 1 1. 今年もよろしくお願いいたします
2. 〈亡霊国家ソヴィエト〉を倒せ / ブラッド・ソー
3. 廃墟ホテル / デイヴィッド・マレル
2 1. 廃墟ホテル / デイヴィッド・マレル
2. そんなわけで
3. 13のショック / リチャード・マシスン
3 1. オライリー表紙
2. ミステリマガジン原稿
3. 13のショック / リチャード・マシスン
4 1. 仕事始めだけど
2. 森博嗣氏と同じ高校
5 1. ミステリマガジン原稿
2. 地を穿つ魔 / ブライアン・ラムレイ
3. フェアリー・フェラーの神技 / マーク・チャドボーン
6 1. 地を穿つ魔 / ブライアン・ラムレイ
2. 奇妙な情熱にかられて / 春日武彦
7 1. 13のショック / リチャード・マシスン
2. 休日なので
3. チェコのマッチラベル / 南陀楼綾繁
4. 幻のロシア絵本1920-30年代
5. 喉切り隊長 / ジョン・ディクスン・カー
6. 読みかけリスト
8 1. 推理作家協会賞短編部門
2. 喉切り隊長 / ジョン・ディクスン・カー
3. 奇妙な情熱にかられて / 春日武彦
4. 悲劇週間 / 矢作俊彦
5. 金春屋ゴメス / 西條奈加
6. 獣の夢 / 中井拓志
9 1. TSUNAMI / 高嶋哲夫
10 1. 喉切り隊長 / ジョン・ディクスン・カー
2. 幸運は誰に? / カール・ハイアセン
11 1. 短編部門予選
12 1. アメリカン・コミックス大全 / 小野耕世
2. 奇妙な情熱にかられて / 春日武彦
13 1. 風邪気味なので
2. 帆船と戦車と吉田とドイツ
3. 幸運は誰に? / カール・ハイアセン
14 1. やっぱり体調が
2. チーム・バチスタの栄光 / 海堂尊
3. 最後の喝采 / ロバート・ゴダード
4. 逸脱者 / グレッグ・ルッカ
5. 幸運は誰に? / カール・ハイアセン
15 1. 神の血脈 / 伊藤致雄
2. 獣の夢 / 中井拓志
3. 007/ダイ・アナザー・デイ
16 1. ビートルズ・ファンタジー / ラリー・カーワン
2. 獣の夢 / 中井拓志
3. チーム・バチスタの栄光 / 海堂尊
17 1. チーム・バチスタの栄光 / 海堂尊
2. 屋根裏の遠い旅 / 那須正幹
3. 今日のメモについて
18 1. 30デイズ・ナイト / スティーヴ・ナイルズ、ベン・テンプルスミス
2. 迷宮の神 / コリン・ウィルソン
3. 隣りのマフィア / トニーノ・ブナキスタ
4. 魔術師の夜 / キャロル・オコンネル
19 1. 魔術師の夜 / キャロル・オコンネル
2. 血の誓い / デイヴィッド・マレル
20 1. 種々の雑用に追われて
2. 文明崩壊 / ジャレド・ダイアモンド
21 1. 暁の密使 / 北森鴻
2. 雪の朝
3. 大丈夫でした
22 1. トーテム / デイヴィッド・マレル
2. 旋風伝 レラ=シウ 一 / 朝松健
23 1. トーテム / デイヴィッド・マレル
2. 短編部門予選
24 1. トーテム / デイヴィッド・マレル
2. 魔術師の夜 / キャロル・オコンネル
3. くじ / シャーリイ・ジャクスン
4. 瑠璃の契り / 北森鴻
25 1. ミステリマガジン3月号
26 27 1. 魔術師の夜 / キャロル・オコンネル
28 29 30 31 >>


2006/01/01 (日) あけましておめでとうございます [長年日記]

今年もよろしくお願いいたします

相変わらずぐだぐだした内容で何ですが……

[読了]〈亡霊国家ソヴィエト〉を倒せ / ブラッド・ソー

読み終えてみれば普通のアクション活劇でした。委細はミステリマガジン3月号にて。

これまで
[読書中]2005/12/28 (水)

[読書中]廃墟ホテル / デイヴィッド・マレル

廃墟ホテル(デイヴィッド・マレル)

「廃墟」というものに興味を抱く人は多い。本書の登場人物たちも、そんな廃墟探検家。かつての豪華ホテルに潜入した一行の運命を描くホラー(かな?)。

その後
[読了]2006/01/02 (月)
本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]

Before...

BadGirl12 [Some municipalities may have local laws that are stricter ..]

driver21 [Conservancy- board member Joe Rota e-mailed back that th..]

Gangster84 [Do you ever publish your own work? , ]

link building [iOuZ6V Im obliged for the post.Thanks Again. Want more.]

check out these guys! [TmYnsX Really enjoyed this article post.Really looking for..]


2006/01/02 (月) [長年日記]

[読了]廃墟ホテル / デイヴィッド・マレル

ホラーだったかどうかは書かないでおこう。

廃墟探検に出かけた一行が体験する恐怖の一夜を描いた小説である。閉鎖されて、まもなく取り壊される予定のホテルに潜入した男女。だが、そこにいたのは一行だけではなかった……。

平板に見えた登場人物の表情が、徐々に浮かび上がってくるドラマが素晴らしい。閉鎖空間での緊張、ホテルの抱えた因縁と惨劇、そして一行が遭遇する暴力と恐怖。それらが絡まり合うクライマックスは実に鮮やか。

ミステリマガジン新刊評用読書はこれにて終了。

これまで
[読書中]2006/01/01 (日)

そんなわけで

ミステリマガジン新刊評の原稿を書いている。

[読書中]13のショック / リチャード・マシスン

13のショック(リチャード マシスン)

異色作家短編集。原稿の合間の軽い現実逃避に。

改めて読むとけっこう怖い。「陰謀者の群れ」なんて、陰謀小説的観点からも興味深い作品だ。

その後
[読書中]2006/01/03 (火)
[読了]2006/01/07 (土)

2006/01/03 (火) [長年日記]

オライリー表紙

 オライリーというコンピュータ関連の技術書を出してる出版社がある。そこの本はたいてい表紙が動物で、レイアウトも一定していて、表紙を見ればオライリーの本と一目で分かるようになっている。

 そのオライリー風のブックカバー画像を作れるページがあったので、いろいろ遊んでいた。

http://www.monkeyboy.is-a-geek.org/oracover.jsp

 いつのまにか手元の動物写真をレタッチして表紙部分に貼り付けたり。mixi経由でこちらを読まれている方は、mixiでの私の写真が変わったことに気づかれたかと思う。

ミステリマガジン原稿

……遊んでる場合ではないのでした。会社の休みは今日までなのに。

それにしてもほんと休み最終日の小学生みたいだな。

[読書中]13のショック / リチャード・マシスン

 そんなときこそ実に魅惑的に楽しく読めてしまう。短編集を選んでいるのはせめてもの自制心のあらわれで、これが『地を穿つ魔』だったりした日には原稿が間に合わないことは間違いない。

 こういうすぐれた短編って、オチを知って再読してもなおスリリングなのですね。構築美というか、語り口のなせる技だろう。

これまで
[読書中]2006/01/02 (月)
その後
[読了]2006/01/07 (土)

2006/01/04 (水) 今日から出勤 [長年日記]

仕事始めだけど

今日はまだまだのんびり。

森博嗣氏と同じ高校

……だった、ということを今日はじめて知った(Wikipediaの東海中学校・高等学校より)。

同じ高校のミステリ作家といえば、大沢在昌氏もそうだ。大沢氏と同じ高校、というのは私も在学中に知っていた。『新宿鮫』が人気を集め出したころ、ある先生が国語の授業中に、ふと「そういえば昔の教え子が作家になって……」とこの本の話をしていたのだ。

新宿鮫(大沢 在昌)

そう、『新宿鮫』はそれなりの進学校で、現代国語の授業にて言及された小説である。このことは覚えておくといい。

ちなみに、昨年の総選挙直後に覚醒剤で捕まった衆議院議員も同じ高校。いけない薬にうつつを抜かす政治家というと、大沢在昌よりはむしろ大藪春彦の本に出てきそうだ。もっともあまり格上ではなく、出番はせいぜい前半まで。復讐に燃える主人公の処刑リストでは、かなり始めのほうに載っている名前だ。本人は厳重な守りのもとにいるつもりでも、主人公はそれをいとも簡単にくぐり抜けて彼のもとにやってくる。凄惨なやり方で痛めつけられて失禁。聞き出したいことを聞き終えたら、主人公はあっさり彼の命を絶って復讐を完遂。その後も彼の存在を置き去りにしてヴァイオレントな復讐劇が繰り広げられ、主人公の行く手には死体の山が積み上がる。憎悪のマエストロ・大藪が放つ禍々しい熱気は、時代を超えて読者の心に暗い炎を燃え上がらせる。大藪を知らぬ若者たちよ、この衝撃に心を震わせるがいい。偉大なり大藪。

で、何の話だっけ。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

acheter zithromax  [Si sbaglia. Scrivere a me in PM.]

revia [Also what in that case it is necessary to do?]

hermesbagg [I simply discovered your website the other day and that i ..]

attinkept [ te1]


2006/01/05 (木) ちょいと風邪気味 [長年日記]

ミステリマガジン原稿

なんとか終わりましたよ。

[読書中]地を穿つ魔 / ブライアン・ラムレイ

いやあ楽しい。ホラーなんだから“恐怖”とか“戦慄の”とかいう言葉でもって表すのが本来のありかただろうけど、こいつを読んでいて最初に感じるのは楽しさだ。

根っからのクトゥルー神話好きが、「ぼくの考えた邪神」が大暴れする物語を夢想し、この現実社会を怪奇と妄想のワンダーランドに組み替えてゆくのだ。楽しくないはずがない。

幼い子供が、さまざまな色や形のブロックを組み合わせて「ぼくの考えた乗り物」を組み立てるのに似ている。ブロックの代わりに使うのは、「忌まわしい地底都市」や「狂えるアラブ人が記した禁断の書」や「封印された太古の邪神」だったりするけれど。

そんなラムレイのワクワクしているさまが行間から伝わってきて、とても怖がっている場合ではありません。こちらも驚喜しながら読んでいる。

これまで
[入手本]2005/12/30 (金)
その後
[読了]2006/01/06 (金)

[読了]フェアリー・フェラーの神技 / マーク・チャドボーン

いい小説だった。「フェアリー・フェラーの神技」を参照。

これまで
[入手本]2005/12/31 (土)
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

calgary seo [&#12381;&#12398;&#12424;&#12358;&#12394;&#24847;&#21619;&#..]


2006/01/06 (金) [長年日記]

[読了]地を穿つ魔 / ブライアン・ラムレイ

いやあ楽しかった。topicsの「地を穿つ魔」をごらんください。

これまで
[入手本]2005/12/30 (金)
[読書中]2006/01/05 (木)

[入手本]奇妙な情熱にかられて / 春日武彦

副題は「ミニチュア・境界線・贋物・蒐集」。

奇妙な情熱にかられて―ミニチュア・境界線・贋物・蒐集(春日 武彦)

本書は、ミニチュア愛好、境界線へのこだわり、贋物への欲望、蒐集といった、きわめて個人的に見えるが、実は普遍的で、世間一般には「論ずるに足る」とは思われていないような心の働きについて論じるものである。

それで思い浮かべたのが、エドワード・ケアリーの小説である。

望楼館追想(エドワード ケアリー)

アルヴァとイルヴァ(エドワード・ケアリー)

他人の思い出の品を収拾する男や、自分の暮らす街の模型を作ることに専念する双子の姉妹。いびつな、しかしきわめて魅力的な人々の姿が心に残る小説だ。そう、あの主人公たちも「奇妙な情熱にかられて」いたのだ。

幼かったわたしは、田舎に住んでいた。父は保健所に勤めていた。ある農家では、精神の発達が遅れた子供を裏庭の檻に閉じ込めていた。プロパンガスが爆発して、一家全員が焼け死んだ蕎麦屋があった。

てなところから語りだし、幼児期に感じた橋の穴への恐怖を回想するのが冒頭。これはぜひ読まないと。

その後
[読書中]2006/01/08 (日)
[読了]2006/01/12 (木)
本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

gWulzq [mRxSZve]

uLAmsJ [kEeiadod]

brandssolution.co.uk [Where can I get near me, buying generic and purchase onlin..]


2006/01/07 (土) [長年日記]

[読了]13のショック / リチャード・マシスン

せっかくなので全編再読しましたよ。→「13のショック

これまで
[読書中]2006/01/02 (月)
[読書中]2006/01/03 (火)

休日なので

出かけて寿司屋に行ってお酒飲んで浮かれて買い物して帰ってきました。

[入手本][読了]チェコのマッチラベル / 南陀楼綾繁

チェコのマッチラベル チェコで見つけた、あたたかなともしび

1950年代から60年代にチェコスで印刷されたマッチラベルを集めて並べた本。シンプルで分かりやすくデザインされた絵が、小さな面積の中に配置されている。

社会主義国ならではの宣伝が目立つけれど、その絵柄は眺めていて飽きない。

[入手本]幻のロシア絵本1920-30年代

幻のロシア絵本 1920‐30年代

革命直後、ロシア・アヴァンギャルドの芸術家たちが取り組んだ絵本作り。やがて、社会主義リアリズムだけが国家公認の芸術様式と定められ、その黄金時代は幕を閉じる。だが、その成果は日本で収拾されていた──。

そんなわけで、これも絵が中心の本。

[読書中]喉切り隊長 / ジョン・ディクスン・カー

喉切り隊長(ジョン・ディクスン・カー)

ついカーが読みたくなって読み直し始めた。カーなら何でもよかった。今も反省はしていない。

その後
[読書中]2006/01/08 (日)
[読了]2006/01/10 (火)

読みかけリスト

http://bookstack.jp/ にだいたい同等の内容があるので、リンクをはずしました。


2006/01/08 (日) [長年日記]

推理作家協会賞短編部門

予選のため短編をパラパラ読んでいる。

[読書中]喉切り隊長 / ジョン・ディクスン・カー

臆面もなく面白い。ディクスン・カーの大仰なスタイルって、二〇世紀を舞台にした作品では笑いのタネだが、過去の時代を舞台にした作品では輝きを帯びて見えるから不思議だ。

二〇世紀には失われてしまった古めかしいロマンと冒険。ディクスン・カーは間違って二〇世紀に生まれてしまった男なのかもしれない。でも、数々の快作や怪作を楽しめるのは、彼が生まれる時代を間違ってくれたおかげである。

これまで
[読書中]2006/01/07 (土)
その後
[読了]2006/01/10 (火)

[読書中]奇妙な情熱にかられて / 春日武彦

奇妙な情熱にかられて―ミニチュア・境界線・贋物・蒐集(春日 武彦)

予想どおりの面白さ。今読んでいるのはミニチュア篇だが、自宅の精巧な模型を作った友人の思い出とか、俳句を二文字にまで切りつめる話とか、楽しいエピソードが満載である。

以下は著者がアルバイト先の病院で見かけたもの。

ふと棚におかしなものが置いてあるのが目に入った。一部を斜めに削り取った細長い木片で、古くて全体が煤けたような色になっている。しかも表面には、下手くそな文字がマジックインキで書いてある。「私を捨てないで下さい」と。

「捨てないで」と訴えかける奇怪な木片。だが、この木片には合理的な用途が存在し、書かれた文字にもちゃんと存在意義があったのだ!

……お、エラリー・クイーンの話が出てきた。

これまで
[入手本]2006/01/06 (金)
その後
[読了]2006/01/12 (木)

[入手本]悲劇週間 / 矢作俊彦

明治45年、外交官の父に呼ばれてメキシコに旅立った若き日の堀口大學の物語……だそうだ。ちなみに私にとっての堀口大學といえば、新潮文庫のルパン傑作選である。

悲劇週間(矢作 俊彦)

その後
[読了]2006/02/25 (土)

[入手本]金春屋ゴメス / 西條奈加

第17回日本ファンタジーノベル大賞受賞作。まだ読んでなかったことを思い出して購入。

金春屋ゴメス(西條 奈加)

[入手本]獣の夢 / 中井拓志

デビュー作『レフトハンド』はすさまじく変だったけど、その後はまともな娯楽小説を書いている人の第四作。

獣の夢(中井 拓志)

その後
[読書中]2006/01/15 (日)
[読了]2006/01/16 (月)

2006/01/09 (月) [長年日記]

[読了]TSUNAMI / 高嶋哲夫

某書評用。実はそれほど期待せずに読み始めたのだが、意外に面白く読むことができた。大災害パニック小説というか、日本の防災体制の脆弱さを訴える話。

やはり、規格通りの耐震工法を採用すべきでした。構造部材にもかなり問題があると報告したはずです。しかし、社長はそのまま推し進めた。

なんて旬な台詞も飛び出す。本の刊行は12月15日なので、例の件をどの程度意識したのかは微妙なところ。でも、コレにあわせて話の筋書を変えたとも思えないので、著者にとってはまたしても*1不本意なシンクロかもしれない。

TSUNAMI(津波)(高嶋 哲夫)

*1 東京を襲う大地震を描いた『M8』刊行後、新潟中越地震やインド洋の大地震が起きたのでした。

今日のメモ powered by MM

本日のツッコミ(全99件) [ツッコミを入れる]

Before...

oflgpxtne [first email scalable only your The to lists ? as These w..]

ukrrrghup [people management why public plan British shoes after ? ..]

dmxawhknz [entity Update small a first send Facebook, being ? the Y..]

cqbmpxzgk [how their lists they few and improved your ? looking mat..]

fmcqunilc [All to is addition had would If It ? to gifts which You ..]


2006/01/10 (火) [長年日記]

[読了]喉切り隊長 / ジョン・ディクスン・カー

大いに楽しんだ。ナポレオンの時代を舞台にしたスパイ小説としてもたのしめる。最後に明かされる真相にいたっては、本格ミステリのものというよりは、むしろ国際謀略小説のものだろう。それにしても宮部みゆきの某作品みたいな趣向である。

喉切り隊長(ジョン・ディクスン・カー)

これまで
[読書中]2006/01/07 (土)
[読書中]2006/01/08 (日)

[読書中]幸運は誰に? / カール・ハイアセン

大当たりの宝くじをめぐって、おかしな人たちが騒動を巻き起こす……ようである。

のっけから陰謀史観まみれの小悪党が登場する。作者曰く「責任転嫁の達人」。まあ、陰謀史観というのは「なんでも人為的な事態と解釈する」ことなので、そういう見方は外れていない。

幸運は誰に?〈上〉(カール ハイアセン)
幸運は誰に?〈下〉(カール ハイアセン)

その後
[読書中]2006/01/13 (金)
[読了]2006/01/14 (土)

今日のメモ powered by MM

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

top seo guys [3u0zlH I really like and appreciate your blog post.Thanks ..]

matzcrorkz [vmnTiF Appreciate you sharing, great blog article.Thanks A..]

Royal CBD [PO51iJ Way cool! Some very valid points! I appreciate you ..]

washington dc cbd [NlORvM Thank you ever so for you article.Thanks Again. Muc..]


2006/01/11 (水) [長年日記]

短編部門予選

ぽつぽつ読む。

今日のメモ powered by MM


2006/01/12 (木) [長年日記]

[入手本]アメリカン・コミックス大全 / 小野耕世

アメコミの多彩な側面を綴った本。

アメリカン・コミックス大全(小野 耕世)

[読了]奇妙な情熱にかられて / 春日武彦

ミニチュア/境界線/贋物/蒐集 というキーワードに沿って、引用してみたくなるような風変わりなエピソードや小説の一部分をいくつも並べている。この本自体がある種の蒐集の産物と言えるかもしれない。

これまで
[入手本]2006/01/06 (金)
[読書中]2006/01/08 (日)
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

calgary social media [&#12381;&#12398;&#12424;&#12358;&#12394;&#24847;&#21619;&#..]


2006/01/13 (金) [長年日記]

風邪気味なので

ちと早めに退社。

帆船と戦車と吉田とドイツ

現在、amazon.co.jpの本のおすすめがアレグザンダー・ケントと吉田戦車で埋め尽くされている。すすめられるのは身に覚えがないこともないのだが、どういう組み合わせだ……。

で、ようやくそれ以外の本が出てきたと思ったらこんなのでした。

フンクレンクパンツァー―無線誘導戦車の開発と戦歴(マルカス ヤウギッツ)

吉田戦車の次はドイツ戦車。

[読書中]幸運は誰に? / カール・ハイアセン

民兵組織(?)“ホワイト・レベル・ブラザーフッド”が改名にいたるくだりなどがたいへんバカバカしくてよい。

ちなみに「NATOの共産主義者」によるアメリカ侵略を警戒する白人優越論者が出てくるが、彼らの妄想はハイアセンが話を面白くするために考えたものではない。実際にそういう陰謀の存在を信じている人がアメリカに存在し、いっしょうけんめい武装していたりするのだ。

例えばこんな人。

Black Helicopters over America: Strikeforce for the New World Order(Jim Keith)
Black Helicopters II: The Engame Strategy(Jim Keith)

これまで
[読書中]2006/01/10 (火)
その後
[読了]2006/01/14 (土)

今日のメモ powered by MM

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

novostroyka63Bek [[b][/b] ]


2006/01/14 (土) [長年日記]

やっぱり体調が

思わしくないのでおとなしく寝ている。

[入手本]チーム・バチスタの栄光 / 海堂尊

第4回「このミス」大賞受賞作。

その後
[読書中]2006/01/16 (月)
[読了]2006/01/17 (火)

[入手本]最後の喝采 / ロバート・ゴダード

最期の喝采(ロバート ゴダード)

その後
[読了]2006/02/20 (月)

[入手本]逸脱者 / グレッグ・ルッカ

アティカス・コディアックシリーズ第4作。

逸脱者〈上〉(グレッグ ルッカ)
逸脱者〈下〉(グレッグ ルッカ)

[読了]幸運は誰に? / カール・ハイアセン

きわめて精緻に組み立てられたバカなお話。メインの宝くじ争奪戦に加え、田舎町の「奇蹟」ビジネス(涙を流すインチキ聖母像などなど)や広大な森林をめぐる買収話などが絡み合うプロットは決して単純なものではないが、個性の強いキャラクターのおかげで分かりやすいものになっている。

それぞれのキャラクターが好き勝手に動き回っているようでいながら、最後はパズルが完成するかのように個々のサブプロットが落ち着くべきところに収束する。八方破れに見えて、実はしっかり計算されている。読む側はその巧妙さに圧倒されることもなく、バカバカしく愉快な展開を楽しむばかり。

世の中、上手いけれど上手さが目立ってしまう作品も多い(私にとってはトマス・H・クックの一連の『〜の記憶』なんかがそうだ)。それに比べると、もはや技巧を読者に意識させないのがハイアセン。素晴らしい。

これまで
[読書中]2006/01/10 (火)
[読書中]2006/01/13 (金)

今日のメモ powered by MM

本日のツッコミ(全100件) [ツッコミを入れる]

Before...

Katelyn [Go travelling ]

Tobias [I'm on business ]

Gabriel [Accountant supermarket manager ]

Daniel [I'm not working at the moment ]

Jeffrey [Whereabouts are you from? ]


2006/01/15 (日) [長年日記]

[入手本]神の血脈 / 伊藤致雄

第6回小松左京賞受賞作。
神の血脈(伊藤 致雄)

その後
[読了]2006/05/27 (土)

[読書中]獣の夢 / 中井拓志

小学生による小学生の遺体損壊事件。そんなショッキングな事件が起きた小学校で、九年を経て再び似たような事件が……という物語。

事件がネットで話題になっていて、専門に取り上げるサイト群が存在する……というあたりからしても、扱っている領域は『quarter mo@n』[amazon.co.jp]に近い。

これまで
[入手本]2006/01/08 (日)
その後
[読了]2006/01/16 (月)

007/ダイ・アナザー・デイ

たまたまTVで放映されているのを見た。

今回の敵役は北朝鮮の軍人。なぜか北朝鮮の軍事施設に日本の兜や日本刀が飾られていたが、そんなことがどうでもよくなってしまうくらいの豪快な展開にただ笑って圧倒されるばかり。

北朝鮮はこの映画に抗議したらしいが、おそらく金正日が登場しないからではないか。「チーム・アメリカ」みたいに重要な役にすればよかったのに。クライマックスはサイボーグ化した金正日とボンドの死闘とか。

しかし最も笑ってしまったのは作品本体ではなく、終了後の「この作品はフィクションであり、実在のものとは関係ありません」というおことわり。呆れながら笑ってしまった。いや、あのね……。

本日のツッコミ(全7件) [ツッコミを入れる]

Before...

単二 [そ、それってすでに別の生物なんでわ。(^^;;;;; すげーぞ007(爆) それはともかくボンドガールよか悪者のイ..]

伊藤致雄 [神の血脈の作者です。こんばんわ。伊藤です。伊東ではありません。それはともかく読後感がありませんね。読めましたか?]

ふるやま [お名前の件、大変失礼いたしました。しばらく前に読み終えたのですが、読後感のほうはしばしお待ちを。]

lowes coupon [&#12381;&#12398;&#12424;&#12358;&#12394;&#24847;&#21619;&#..]

happy days [My spouse and i were so contented when Emmanuel managed to..]


2006/01/16 (月) [長年日記]

[入手本]ビートルズ・ファンタジー / ラリー・カーワン

1962年、ビートルズはブレイクを目の前にして解散した。それから25年。かつてのメンバーでただ一人それなりに成功を収めたポールは、自分の原点だったビートルズを甦らせようとするが……という歴史改変もの。

ビートルズ・ファンタジー(ラリー カーワン)

南北に分断された日本を描いた佐藤大輔『征途』は、同時にハインラインやティプトリーJr.がSF作家にならなかった世界を描いた小説でもあるのだが、「この世界のSFはどうなってしまうんだろう」ということが気になった覚えがある。

ちなみに本書では、ビートルズが存在しなかったために、イギリスの歴史そのものが変わってしまっている模様。

[読了]獣の夢 / 中井拓志

大変満足。J.G.バラードの『殺す』あたりの先に踏み込んだ作品、と感じた。「空気読め」というときの「空気」にまつわる物語、とも言える。

猟奇犯罪を犯す側よりも、それを了解しやすい「物語」として受容する世間の側を描いてみせた作品。

これまで
[入手本]2006/01/08 (日)
[読書中]2006/01/15 (日)

[読書中]チーム・バチスタの栄光 / 海堂尊

とある大学病院で、難度の高いバチスタ手術を30回近く成功させてきた外科チーム。ところが、三回の失敗が相次いで起きた。原因不明の術中死。病院長は、不定愁訴外来を受け持つ万年講師・田口に調査を命じた……という、病院を舞台にしたミステリ。

わずかな言葉でくっきりとキャラクターを浮かび上がらせて、大学病院内の人間関係をも描き出してしまう腕前は見事。院内リスクマネジメント委員会の委員長なんて、まだ登場すらしていないのに、その事なかれ主義の権化とも言うべき姿勢がすでに印象深い。

これまで
[入手本]2006/01/14 (土)
その後
[読了]2006/01/17 (火)
本日のツッコミ(全100件) [ツッコミを入れる]

Before...

Ariel [Have you got any qualifications? ]

Malcom [I'm on holiday ]

Phillip [Accountant supermarket manager ]

Phillip [Could you ask him to call me? ]

Cesar [Did you go to university? ]


2006/01/17 (火) [長年日記]

[読了]チーム・バチスタの栄光 / 海堂尊

満足。これは大賞受賞がすんなり決まったのもうなずける。キャラクターの動かし方が実に巧みなのだ。詳細はtopicsを参照

これまで
[入手本]2006/01/14 (土)
[読書中]2006/01/16 (月)

[読了]屋根裏の遠い旅 / 那須正幹

「ズッコケ三人組」シリーズの作者による、「太平洋戦争に勝った日本」を舞台にした改変歴史物。

屋根裏の遠い旅(那須 正幹)

ミッドウェーで勝利を収めた日本は、その後アメリカと講和。戦後も「大東亜共栄圏」を維持している……が、その支配体制は揺らいでいた。中国や東南アジアでは反日紛争が続き、日本軍はベトナムへの原爆投下を検討する……という、レッドサン・ブラッククロス初期案のような暗黒世界である。

主人公は、たまたまこのパラレルワールドに迷い込んでしまった小学生。なので上記のような世界情勢は伝聞の形でおぼろげに伝えられるだけ。全体主義社会に放り込まれてしまった恐怖感と、そこで生きてゆこうとする意志を中心に描いている。

冒頭には憲法第九条が引用されているという、今では煙たがられそうなモノではあるが、改変歴史物に関心のある向きなら目を通してもよさそう。

今日のメモについて

もともとの問題提起についてはあまり関心はなかったけれど(同時期の『容疑者X』の隠された真相のほうが面白かった)、他の方々の意見は興味深く読んでいました。

今日のメモ powered by MM

本日のツッコミ(全100件) [ツッコミを入れる]

Before...

Basil [Have you got any experience? ]

Eblanned [I don't know what I want to do after university ]

Irea [Please wait ]

Winston [Who's calling? ]

Dirtbill [magic story very thanks ]


2006/01/18 (水) [長年日記]

[入手本]30デイズ・ナイト / スティーヴ・ナイルズ、ベン・テンプルスミス

アメリカ最北の町を舞台にした吸血鬼もの……であるらしい。

30デイズ・ナイト(桑原 あつし/クリスチャン・ストームズ/スティーブ・ナイルズ/ベン・テンプルスミス)

[入手本]迷宮の神 / コリン・ウィルソン

元サンリオ文庫の復刊。訳者・大瀧啓裕の“固有名詞の音は原語の音に可能な限り近づける”方針は本書にも適用されているようだ。

Dalzielを「ダルジール」と表記していたけれど、後になって実は「ディーエル」だと判明した……なんて例もあるので、考え方としては理解できる。

ただ、訳者あとがきをざっと見ると、著者名の「ウィルソン」を本当は「ウィルスン」としたかった……なんて書かれていて、私にはずいぶん細かいように思えた。

迷宮の神(コリン・ウィルソン)

[入手本]隣りのマフィア / トニーノ・ブナキスタ

以前ハヤカワ・ミステリ文庫から『夜を喰らう』が出たときは「トニーノ・ベナキスタ」という表記だったけれど、どちらが原音に近いのだろう(←少し大瀧啓裕に影響されている模様)。

隣りのマフィア(松永 りえ/トニーノ・ブナキスタ)

[読書中]魔術師の夜 / キャロル・オコンネル

キャシー・マロリーシリーズの最新作。読み始めたところ。

その後
[読書中]2006/01/19 (木)
[読書中]2006/01/24 (火)
[読了]2006/01/27 (金)

今日のメモ powered by MM

本日のツッコミ(全100件) [ツッコミを入れる]

Before...

Junior [I'm afraid that number's ex-directory ]

Reggie [We need someone with qualifications ]

Lucio [How much is a Second Class stamp? ]

Robert [I'd like a phonecard, please ]

Arthur [Not available at the moment ]


2006/01/19 (木) [長年日記]

[読書中]魔術師の夜 / キャロル・オコンネル

序盤は本格ミステリ風。いろいろな素材がぐいぐいねじ込まれているせいか、読んでいて少し疲れた。老マジシャンの描写など、この先の盛り上がりを期待させて楽しいのだけれど。

これまで
[読書中]2006/01/18 (水)
その後
[読書中]2006/01/24 (火)
[読了]2006/01/27 (金)

[読書中]血の誓い / デイヴィッド・マレル

フランスを旅行中の作家ピーターは、大戦中フランスで戦死した父の墓参のためにある陸軍基地を訪れる。だが、そこには父の墓はなく、その記録もなかった……

昔読んだはずだが内容をあらかた忘れているのでもう一度読んでみる。

それにしてもマレルの不幸は、“映画「ランボー」の原作者”という言葉がついて回ることだと思う。

その後
[読了]2006/02/20 (月)

今日のメモ powered by MM


2006/01/20 (金) [長年日記]

種々の雑用に追われて

読みかけの本はほとんど読めず。

[読書中]文明崩壊 / ジャレド・ダイアモンド

とかいいつつこんなの読んでるし。

冒頭、「これはエコロジーの本じゃありませんから!」と強調しているので、かえって不安になってしまった。エコロジーの本だったらどうしよう。

これまで
[入手本]2005/12/31 (土)

今日のメモ powered by MM


2006/01/21 (土) [長年日記]

暁の密使 / 北森鴻

読み終えたのは去年の暮れだけど、最後に明かされる秘密などの印象が強烈だったので、topics:暁の密使に少し書いておきました。

雪の朝

豪雪地帯に比べれば降ったうちに入らないようなレベルではある。が、首都圏の交通機関はわずかな雪にも負けてしまいそうで不安だ。ちなみに今日は「このミス」大賞授賞パーティ。大丈夫かな。

大丈夫でした

帝国ホテルにて授賞パーティ。……と書くとえらく豪勢だが、比較的小さな会場でこぢんまりと。大賞受賞の海堂尊さんが、できあがったばかりの本に関係者の寄せ書きを集めていたのが面白かった。私も参加したのだが、人の本に何か書き込むなんてのは初めてで、何を書いたものか困ってしまった。

二次会は地下のレストラン。『容疑者Xの献身』と本格ミステリをめぐる熱い議論……は特に行われず、もっとのんきで楽しい話題に終始していた(少なくとも私の周囲は)。

さらに飲み足りない人々は、今度はにわかに安い居酒屋へ。過去数回も、二次会以降は宝島社近くの「笑笑」だったりしたので、これは伝統の踏襲とも言えよう。私は途中で帰ったけれど、最終的には3時半解散だったそうな。たかが雪くらいでは人の飲酒欲を抑えることはできないものである。


2006/01/22 (日) [長年日記]

[読書中]トーテム / デイヴィッド・マレル

かつてハヤカワ文庫のモダンホラー・セレクションから出ていた『トーテム』が、もうすぐ創元推理文庫で復刊されるわけですが、その解説を書くことに。そんなわけで、当面マレル仕掛けの明け暮れです。

ちなみに単なる復刊ではない。かつて訳されたバージョンは、マレルの意に添わないまま短縮された版。今回刊行されるのは、後にマレルが復元した完全版である。

ゲラをいただいたので、少しだけ旧版と読み比べてみたが、文章は大きく違う。冒頭の場面からして違う。初読のような気分で楽しめそうだ。

その後
[読書中]2006/01/23 (月)
[読書中]2006/01/24 (火)
[読了]2006/02/20 (月)

[入手本]旋風伝 レラ=シウ 一 / 朝松健

こちらも復刊。明治二年の蝦夷地を舞台にしたホラー+ウェスタン。

旋風伝 レラ=シウ 一(朝松 健)

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

top seo guys [K3QtRb I truly appreciate this blog. Keep writing.]

washington dc cbd [AuIBfk This is really interesting, You are a very skilled ..]

RoyalCBD [jpbq3A Very good post.Really looking forward to read more...]

is cbd legal in washington dc [gRnWHo The city couldn at request for virtually any much b..]


2006/01/23 (月) [長年日記]

[読書中]トーテム / デイヴィッド・マレル

ひとまずハヤカワ文庫版を再読中。

これまで
[読書中]2006/01/22 (日)
その後
[読書中]2006/01/24 (火)
[読了]2006/02/20 (月)

短編部門予選

こちらもけっこう残っていたりするわけで、あまり読書は進まず。

本日のツッコミ(全20件) [ツッコミを入れる]

Before...

crorkz matz [YRuJJr Fantastic blog article.Really thank you! Want more.]

Pharmg80 [Very nice site!]

Pharmd569 [Very nice site!]

Pharma82 [Very nice site!]

Pharmg433 [Very nice site!]


2006/01/24 (火) [長年日記]

[読書中]トーテム / デイヴィッド・マレル

ひとまずハヤカワ文庫版を再読終了。

こちらはこちらで十分に楽しめる作品だが、確かに端折ったような形跡が見られる構成ではある(後知恵)。登場人物の過去の描き方などはちょっと舌足らずに思えるところも。

怪事件の正体が読者には何となく見えていて、でも登場人物はなかなか気づかず、何人かが気づいても「そんな馬鹿な」と頑強に否定する奴がいて……という「志村うしろうしろ」感ゆえにホラーとして評価されたと思うが、他の作品にも共通する「マレルらしさ」というのはここにも見られる。

これまで
[読書中]2006/01/22 (日)
[読書中]2006/01/23 (月)
その後
[読了]2006/02/20 (月)

[読書中]魔術師の夜 / キャロル・オコンネル

やっと下巻に。それにしてもずいぶんゆったりしたペースである。話の展開も、私がそれを読むスピードも。

これまで
[読書中]2006/01/18 (水)
[読書中]2006/01/19 (木)
その後
[読了]2006/01/27 (金)

[入手本]くじ / シャーリイ・ジャクスン

異色作家短編集その6。『蠅』も買おうと思ったら、残った一冊を他の人が手にとってレジに行ってしまった。

くじ(シャーリイ ジャクスン)

[入手本]瑠璃の契り / 北森鴻

冬狐堂シリーズ新刊。

瑠璃の契り―旗師・冬狐堂(北森 鴻)


2006/01/25 (水) [長年日記]

ミステリマガジン3月号

この雑誌、もともと3月号は1年間のまとめが載るので分厚いのだが、今年はさらに601号記念というわけでいっそう分厚くなっている。

特集の「ジャンル別ベスト短編を読む」が豪華。

ジャンル別に、ジャック・フィニイ / ジェイムズ・M・ケイン / ダシール・ハメット / ローレンス・トリート / アントニイ・バークリー / リリアン・デ・ラ・トーレ / アリステア・マクリーン / リチャード・ハーディング・デーヴィス / デイヴィッド・グーディス / ロッド・サーリング……といった作家の短編を一本ずつ収め、またジャンルごとに解説が付されている。

また、海外ミステリのオールタイム・ベストの集計結果も。ただし結果自体は、昔ながらの名作が並ぶもので、そんなに驚くようなものではない(結局、ウェストレイクとスタークとコウは全部ウェストレイクとしてカウントされたようである)。むしろ、この一年の作品を対象にした「私のベスト3」のほうが読み応えがあると思う(アンケート回答の字数制限が「このミス」などよりも緩いので、いろいろ書かれる方が多いのだ)。

ただ、福井さんも1/25に指摘しているように、変なところが散見されるのも事実。特に247ページは『紙葉の家』みたいでちょっとびっくりした。「『クリスマス・プレゼント』に入っているのは〜」が「『クリスマス・プレゼント』の収録作は〜」とかであれば大丈夫だったのかも。

例の『容疑者X〜』に関する、二階堂黎人&笠井潔の論考も(と言いつつまだ読んでない。ざっと見たところ、二階堂原稿のほうは氏のサイトにこれまで書かれた内容のまとめらしい)。

今日のメモ powered by MM


2006/01/27 (金) [長年日記]

[読了]魔術師の夜 / キャロル・オコンネル

下巻に入ると徐々に物語のテンポが上がる。気がついたら読み終えていた。

たぶん単独でもそれなりに楽しめるはずだが、シリーズを順に追ってきた読者向けの作品だろう。

さまざまなジャンルの衣装をまとってはいるものの、中心にあるのはキャシー・マロリーという主人公の存在。ラストの格好いい風景などはその象徴だ。

スタイルはずいぶん違うけど、ヒロインの存在感に"Elektra"あたりを連想した。

これまで
[読書中]2006/01/18 (水)
[読書中]2006/01/19 (木)
[読書中]2006/01/24 (火)
本日のツッコミ(全100件) [ツッコミを入れる]

Before...

Pharme740 [Very nice site!]

xhznzvpnd [AZ contact been to major subscribers within Its ? throug..]

hynotdbvk [in looking dissatisfaction information security of can com..]

jajrfmrgi [about their is sportsmen is with the are ? with or date ..]

ubzbepxye [shipping click in a be list lists knowledge ? one 4 for...]


«前月 最新 翌月»
2002|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|05|06|07|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2007|01|02|
2008|01|

これから読むもの・読み直すもの

RSS 1.0
Amazon.co.jpアソシエイト